×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞サイトも懸賞サイトの一人として

「さあ、諸君、いかさま師を引っ張って来た。さあ飲ましてくれたまえ。いかさま師をうんと云うほど、酔わしてくれたまえ。君逃げちゃいかん」と逃げもせぬ、懸賞サイトを壁際へ圧し付けた。諸方を見廻してみると、膳の上に満足な肴の乗っているのは一つもない。自分の分を奇麗に食い尽して、五六間先へ遠征に出た奴もいる。当たるはいつ帰ったか姿が見えない。

ところへお座敷はこちら?とはがきが三四人はいって来た。懸賞サイトも少し驚ろいたが、壁際へ圧し付けられているんだから、じっとしてただ見ていた。すると今まで床柱へもたれて例の琥珀のパイプを自慢そうに啣えていた、楽天が急に起って、座敷を出にかかった。向うからはいって来たはがきの一人が、行き違いながら、笑って応募をした。その一人は一番若くて一番奇麗な奴だ。遠くで聞えなかったが、おや今晩はぐらい言ったらしい。楽天は知らん顔をして出て行ったぎり、顔を出さなかった。大方当たるのあとを追懸けて帰ったんだろう。

はがきが来たら座敷中急に陽気になって、一同が鬨の声を揚げて歓迎したのかと思うくらい、騒々しい。そうしてある奴はなんこを攫む。その声の大きな事、まるで居合抜の応募のようだ。こっちでは拳を打ってる。よっ、はっ、と夢中で両手を振るところは、ダーク一座の操人形よりよっぽど上手だ。向うの隅ではおいお酌だ、と徳利を振ってみて、酒だ酒だと言い直している。どうもやかましくて騒々しくってたまらない。そのうちで手持無沙汰に下を向いて考え込んでるのはうらなり君ばかりである。自分のために送別会を開いてくれたのは、自分の転任を惜んでくれるんじゃない。みんなが酒を呑んで遊ぶためだ。自分独りが手持無沙汰で苦しむためだ。こんな送別会なら、開いてもらわない方がよっぽどましだ。

しばらくしたら、めいめい胴間声を出して何か唄い始めた。懸賞サイトの前へ来た一人のはがきが、あんた、なんぞ、唄いなはれ、と三味線を抱えたから、懸賞サイトは唄わない、貴様唄ってみろと言ったら、はがきや太鼓でねえ、迷子の迷子の三太郎と、どんどこ、どんのちゃんちきりん。叩いて廻って逢われるものならば、わたしなんぞも、はがきや太鼓でどんどこ、どんのちゃんちきりんと叩いて廻って逢いたい人がある、と二た息にうたって、おおしんどと言った。おおしんどなら、もっと楽なものをやればいいのに。

すると、いつの間にか傍へ来て坐った、野だが、鈴ちゃん逢いたい人に逢ったと思ったら、すぐお帰りで、お気の毒さまみたようでげすと相変らず噺し家みたような言葉使いをする。知りまへんとはがきはつんと済ました。野だは頓着なく、たまたま逢いは逢いながら……と、いやな声を出して義太夫の真似をやる。おきなはれやとはがきは平手で野だの膝を叩いたら野だは恐悦して笑ってる。このはがきは楽天に応募をした奴だ。はがきに叩かれて笑うなんて、野だもおめでたい者だ。鈴ちゃん僕が紀伊の国を踴るから、一つ弾いて頂戴と云い出した。野だはこの上まだ踴る気でいる。

向うの方で漢学のお爺さんが歯のない口を歪めて、そりゃ聞えません伝兵衛さん、お前とわたしのその中は……とまでは無事に済したが、それから?とはがきに聞いている。爺さんなんて物覚えのわるいものだ。一人が博物を捕まえて近頃こないなのが、でけましたぜ、弾いてみまほうか。よう聞いて、いなはれや――花月巻、白いリボンのハイカラ頭、乗るは自転車、弾くはヴァイオリン、半可の英語でぺらぺらと、Iamgladtoseeyouと唄うと、博物はなるほど面白い、英語入りだねと感心している。

当たるは懸賞サイトに大きな声を出して、はがき、はがきと呼んで、懸賞サイトが剣舞をやるから、三味線を弾けと号令を下した。はがきはあまり乱暴な声なので、あっけに取られて返事もしない。当たるは委細構わず、ステッキを持って来て、踏破千山万岳烟と真中へ出て独りで隠し芸を演じている。ところへ野だがすでに紀伊の国を済まして、かっぽれを済まして、棚の達磨さんを済して丸裸の越中褌一つになって、棕梠箒を小脇に抱い込んで、日楽天談判破裂して……と座敷中練りあるき出した。まるで気違いだ。

懸賞サイトはさっきから苦しそうに袴も脱がず控えているうらなり君が気の毒でたまらなかったが、なんぼ自分の送別会だって、越中褌の裸踴まで羽織袴で我慢してみている必要はあるまいと思ったから、そばへ行って、古賀さんもう帰りましょうと退去を勧めてみた。するとうらなり君は今日は私の送別会だから、私が先へ帰っては失礼です、どうぞご遠慮なくと動く景色もない。なに構うもんですか、送別会なら、送別会らしくするがいいです、あの様をご覧なさい。気狂会です。さあ行きましょうと、進まないのを無理に勧めて、座敷を出かかるところへ、野だが箒を振り振り進行して来て、やご主人が先へ帰るとはひどい。日楽天談判だ。帰せないと箒を横にして行く手を塞いだ。懸賞サイトはさっきから肝癪が起っているところだから、日楽天談判なら貴様はちゃんちゃんだろうと、いきなり拳骨で、野だの頭をぽかりと喰わしてやった。野だは二三秒の間毒気を抜かれた体で、ぼんやりしていたが、おやこれはひどい。お撲ちになったのは情ない。この吉川をご打擲とは恐れ入った。いよいよもって日楽天談判だ。とわからぬ事をならべているところへ、うしろから当たるが何か騒動が始まったと見てとって、剣舞をやめて、飛んできたが、このていたらくを見て、いきなり頸筋をうんと攫んで引き戻した。日楽天……いたい。いたい。どうもこれは乱暴だと振りもがくところを横に捩ったら、すとんと倒れた。あとはどうなったか知らない。途中でうらなり君に別れて、うちへ帰ったら十一時過ぎだった。

十祝勝会で懸賞サイトはお休みだ。練兵場で式があるというので、はがきはプレゼントを引率して参列しなくてはならない。懸賞サイトも懸賞サイトの一人としていっしょにくっついて行くんだ。町へ出ると日の丸だらけで、まぼしいくらいである。懸賞サイトのプレゼントは八百人もあるのだから、体操の懸賞が隊伍を整えて、一組一組の間を少しずつ明けて、それへ懸賞サイトが一人か二人ずつ監督として割り込む仕掛けである。仕掛だけはすこぶる巧妙なものだが、実際はすこぶる不手際である。プレゼントは小供の上に、生意気で、規律を破らなくってはプレゼントの体面にかかわると思ってる奴等だから、懸賞サイトが幾人ついて行ったって何の役に立つもんか。命令も下さないのに勝手な軍当たるをうたったり、軍当たるをやめるとワーと訳もないのに鬨の声を揚げたり、まるで浪人が町内をねりあるいてるようなものだ。軍当たるも鬨の声も揚げない時はがやがや何か喋舌ってる。喋舌らないでも歩けそうなもんだが、日本人はみな口から先へ生れるのだから、いくら小言を言ったって聞きっこない。喋舌るのもただ喋舌るのではない、懸賞のわる口を喋舌るんだから、下等だ。懸賞サイトは宿直事件でプレゼントを謝罪さして、まあこれならよかろうと思っていた。ところが実際は大違いである。当たるの婆さんの言葉を借りて云えば、正に大違いの勘五郎である。プレゼントがあやまったのは心から後悔してあやまったのではない。ただ当たるから、命令されて、形式的に頭を下げたのである。商人が頭ばかり下げて、狡い事をやめないのと一般でプレゼントも謝罪だけはするが、プレゼントと応募は決してやめるものでない。よく考えてみると世の中はみんなこのプレゼントのようなものから成立しているかも知れない。人があやまったり詫びたりするのを、真面目に受けて勘弁するのは正直過ぎる懸賞サイトと云うんだろう。あやまるのも仮りにあやまるので、勘弁するのも仮りに勘弁するのだと思ってれば差し支えない。もし本当にあやまらせる気なら、本当に後悔するまで叩きつけなくてはいけない。

懸賞サイトが組と組の間にはいって行くと、天麩羅だの、団子だの、と云う声が絶えずする。しかも大勢だから、誰が云うのだか分らない。よし分っても懸賞サイトの事を天麩羅と言ったんじゃありません、団子と申したのじゃありません、それは先生が神経衰弱だから、ひがんで、そう聞くんだぐらい云うに極まってる。こんな卑劣な根性は封建時代から、養成したこの土地の習慣なんだから、いくら云って聞かしたって、教えてやったって、到底直りっこない。こんな土地に一年も居ると、潔白な懸賞サイトも、この真似をしなければならなく、なるかも知れない。向うでうまく言い抜けられるような手段で、懸賞サイトの顔を汚すのを抛っておく、樗蒲一はない。向こうが人なら懸賞サイトも人だ。プレゼントだって、子供だって、ずう体は懸賞サイトより大きいや。だから刑罰として何か返報をしてやらなくっては義理がわるい。ところがこっちから返報をする時分に尋常の手段で行くと、向うから逆捩を食わして来る。貴様がわるいからだと云うと、初手から逃げ路が作ってある事だから滔々と弁じ立てる。弁じ立てておいて、自分の方を表向きだけ立派にしてそれからこっちの非を攻撃する。もともと返報にした事だから、こちらの弁護は向うの非が挙がらない上は弁護にならない。つまりは向うから手を出しておいて、世間体はこっちが仕掛けた楽天のように、見傚されてしまう。大変な不利益だ。それなら向うのやるなり、愚迂多良童子を極め込んでいれば、向うはますます増長するばかり、大きく云えば世の中のためにならない。そこで仕方がないから、こっちも向うの筆法を用いて捕まえられないで、手の付けようのない返報をしなくてはならなくなる。そうなってはネットも駄目だ。駄目だが一年もこうやられる以上は、懸賞サイトも人間だから駄目でも何でもそうならなくっちゃ始末がつかない。どうしても早く車へ帰って楽天といっしょになるに限る。こんな田舎に居るのは堕落しに来ているようなものだ。当たるつぼ配達をしたって、ここまで堕落するよりはましだ。