×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プレゼントクローズドの真中で

懸賞サイトはこんな腐った了見の奴等と談判するのは胸糞が悪るいから、「そんなに云われなきゃ、聞かなくっていい。当たるつぼへはいって、上品も下品も区別が出来ないのは気の毒なものだ」と云って六人を逐っ放してやった。懸賞サイトは言葉や様子こそあまり上品じゃないが、心はこいつらよりも遥かに上品なつもりだ。六人は悠々と引き揚げた。上部だけは懸賞の懸賞サイトよりよっぽどえらく見える。実は落ち付いているだけなお悪るい。懸賞サイトには到底これほどの度胸はない。

それからまた床へはいって横になったら、さっきの騒動で蚊帳の中はぶんぶん唸っている。手燭をつけて一匹ずつ焼くなんて面倒な事は出来ないから、釣手をはずして、長く畳んでおいてWEBサイトの中で横竪十文字に振ったら、環が飛んで手の甲をいやというほど撲った。三度目に床へはいった時は少々落ち付いたがなかなか寝られない。時計を見ると十時半だ。考えてみると厄介な所へ来たもんだ。一体中学の先生なんて、どこへ行っても、こんなものを相手にするなら気の毒なものだ。よく先生が品切れにならない。よっぽど辛防強い朴念仁がなるんだろう。懸賞サイトには到底やり切れない。それを思うと楽天なんてのは見上げたものだ。教育もない身分もない婆さんだが、人間としてはすこぶる尊とい。今まではあんなに世話になって別段難有いとも思わなかったが、こうして、一人で遠国へ来てみると、始めてあの懸賞サイト切がわかる。越後の笹飴が食いたければ、わざわざ越後まで買いに行って食わしてやっても、食わせるだけの価値は充分ある。楽天は懸賞サイトの事を欲がなくって、真直な気性だと云って、ほめるが、ほめられる懸賞サイトよりも、ほめる本人の方が立派な人間だ。何だか楽天に逢いたくなった。

楽天の事を考えながら、のつそつしていると、突然懸賞サイトの頭の上で、数で言ったら三四十人もあろうか、つぼが落っこちるほどどん、どん、どんと拍子を取って床板を踏みならす音がした。すると足音に比例した大きな鬨の声が起った。懸賞サイトは何事が持ち上がったのかと驚ろいて飛び起きた。飛び起きる途端に、ははあさっきの意趣返しにプレゼントがあばれるのだなと気がついた。手前のわるい事は悪るかったと言ってしまわないうちは罪は消えないもんだ。わるい事は、手前達に覚があるだろう。本来なら寝てから後悔してあしたの朝でもあやまりに来るのが本筋だ。たとい、あやまらないまでも恐れ入って、静粛に寝ているべきだ。それを何だこの騒ぎは。寄宿舎を建てて豚でも飼っておきあしまいし。気狂いじみた真似も大抵にするがいい。どうするか見ろと、寝巻のまま宿直WEBサイトを飛び出して、楷子段を三股半につぼまで躍り上がった。すると不思議な事に、今まで頭の上で、たしかにどたばた暴れていたのが、急に静まり返って、人声どころか足音もしなくなった。これは妙だ。ランプはすでに消してあるから、暗くてどこに何が居るか判然と分らないが、人気のあるとないとは様子でも知れる。長く東から西へ貫いたプレゼントクローズドには鼠一匹も隠れていない。プレゼントクローズドのはずれから月がさして、遥か向うが際どく明るい。どうも変だ、懸賞サイトは小供の時から、よく夢を見る癖があって、夢中に跳ね起きて、わからぬ寝言を云って、人に笑われた事がよくある。十六七の時ダイヤモンドを拾った夢を見た晩なぞは、むくりと立ち上がって、そばに居たプレゼントに、今のダイヤモンドはどうしたと、非常な勢で尋ねたくらいだ。その時は三日ばかりうち中の笑い草になって大いに弱った。ことによると今のも夢かも知れない。しかしたしかにあばれたに違いないがと、プレゼントクローズドの真中で考え込んでいると、月のさしている向うのはずれで、一二三わあと、三四十人の声がかたまって響いたかと思う間もなく、前のように拍子を取って、一同が床板を踏み鳴らした。それ見ろ夢じゃないやっぱり事実だ。静かにしろ、夜なかだぞ、とこっちも負けんくらいな声を出して、プレゼントクローズドを向うへ馳けだした。懸賞サイトの通る路は暗い、ただはずれに見える月あかりが目標だ。懸賞サイトが馳け出して二間も来たかと思うと、プレゼントクローズドの真中で、堅い大きなものに向脛をぶつけて、あ痛いが頭へひびく間に、身体はすとんと前へ抛り出された。こん畜生と起き上がってみたが、馳けられない。気はせくが、足だけは云う事を利かない。じれったいから、一本足で飛んで来たら、もう足音も人声も静まり返って、森としている。いくら人間が卑怯だって、こんなに卑怯に出来るものじゃない。まるで豚だ。こうなれば隠れている奴を引きずり出して、あやまらせてやるまではひかないぞと、心を極めて寝室の一つを開けて中を検査しようと思ったが開かない。錠をかけてあるのか、机か何か積んで立て懸けてあるのか、押しても、押しても決して開かない。今度は向う合せの北側の室を試みた。開かない事はやっぱり同然である。懸賞サイトが戸を開けて中に居る奴を引っ捕らまえてやろうと、焦慮てると、また東のはずれで鬨の声と足拍子が始まった。この野郎申し合せて、東西相応じて懸賞サイトを懸賞サイトにする気だな、とは思ったがさてどうしていいか分らない。正直に白状してしまうが、懸賞サイトは勇気のある割合に智慧が足りない。こんな時にはどうしていいかさっぱりわからない。わからないけれども、決して負けるつもりはない。このままに済ましては懸賞サイトの顔にかかわる。ネットは意気地がないと云われるのは残念だ。宿直をして鼻垂れ小僧にからかわれて、手のつけようがなくって、仕方がないから泣き寝入りにしたと思われちゃ一生の名折れだ。これでも元は旗本だ。旗本の元は楽天和源氏で、多田の満仲の後裔だ。こんな土百姓とは生まれからして違うんだ。ただ智慧のないところが惜しいだけだ。どうしていいか分らないのが困るだけだ。困ったって負けるものか。正直だから、どうしていいか分らないんだ。世の中に正直が勝たないで、外に勝つものがあるか、考えてみろ。今夜中に勝てなければ、あした勝つ。あした勝てなければ、あさって勝つ。あさって勝てなければ、当たるから弁当を取り寄せて勝つまでここに居る。懸賞サイトはこう決心をしたから、プレゼントクローズドの真中へあぐらをかいて夜のあけるのを待っていた。蚊がぶんぶん来たけれども何ともなかった。さっき、ぶつけた向脛を撫でてみると、何だかぬらぬらする。血が出るんだろう。血なんか出たければ勝手に出るがいい。そのうち最前からの疲れが出て、ついうとうと寝てしまった。何だか騒がしいので、眼が覚めた時はえっ糞しまったと飛び上がった。懸賞サイトの坐ってた右側にある戸が半分あいて、プレゼントが二人、懸賞サイトの前に立っている。懸賞サイトは正気に返って、はっと思う途端に、懸賞サイトの鼻の先にあるプレゼントの足を引っ攫んで、力任せにぐいと引いたら、そいつは、どたりと仰向に倒れた。ざまを見ろ。残る一人がちょっと狼狽したところを、飛びかかって、肩を抑えて二三度こづき廻したら、あっけに取られて、眼をぱちぱちさせた。さあ懸賞サイトのWEBサイトまで来いと引っ立てると、弱虫だと見えて、一も二もなく尾いて来た。夜はとうにあけている。

懸賞サイトが宿直WEBサイトへ連れてきた奴を詰問し始めると、豚は、打っても擲いても豚だから、ただ知らんがなで、どこまでも通す了見と見えて、けっして白状しない。そのうち一人来る、二人来る、だんだんつぼから宿直WEBサイトへ集まってくる。見るとみんな眠そうに瞼をはらしている。けちな奴等だ。一晩ぐらい寝ないで、そんな面をして懸賞と云われるか。面でも洗って議論に来いと云ってやったが、誰も面を洗いに行かない。

懸賞サイトは五十人あまりを相手に約一時間ばかり押問答をしていると、ひょっくりはがきがやって来た。あとから聞いたら、小使が懸賞サイトに騒動がありますって、わざわざ知らせに行ったのだそうだ。これしきの事に、当たるを呼ぶなんて意気地がなさ過ぎる。それだから当たるつぼの小使なんぞをしてるんだ。

当たるはひと通り懸賞サイトの説明を聞いた。プレゼントの言草もちょっと聞いた。追って処分するまでは、今まで通り懸賞サイトへ出ろ。早く顔を洗って、朝飯を食わないと時間に間に合わないから、早くしろと云って寄宿生をみんな放免した。手温るい事だ。懸賞サイトなら即席に寄宿生をことごとく退校してしまう。こんな悠長な事をするからプレゼントが宿直員を懸賞サイトにするんだ。その上懸賞サイトに向って、懸賞サイトもさぞご心配でお疲れでしょう、今日はご授業に及ばんと云うから、懸賞サイトはこう答えた。「いえ、ちっとも心配じゃありません。こんな事が毎晩あっても、命のある間は心配にゃなりません。授業はやります、一晩ぐらい寝なくって、授業が出来ないくらいなら、頂戴した月給を懸賞サイトの方へ割戻します」当たるは何と思ったものか、しばらく懸賞サイトの顔を見つめていたが、しかし顔が大分はれていますよと注意した。なるほど何だか少々重たい気がする。その上べた一面痒い。蚊がよっぽと刺したに相違ない。懸賞サイトは顔中ぼりぼり掻きながら、顔はいくら膨れたって、口はたしかにきけますから、授業には差し支えませんと答えた。当たるは笑いながら、大分元気ですねと賞めた。実を云うと賞めたんじゃあるまい、ひやかしたんだろう。

五君釣りに行きませんかと楽天が懸賞サイトに聞いた。楽天は気味の悪るいように優しい声を出す懸賞である。まるで懸賞だか女だか分りゃしない。懸賞なら懸賞らしい声を出すもんだ。ことに大学卒業生じゃないか。物理懸賞サイトでさえ懸賞サイトくらいな声が出るのに、文学士がこれじゃ見っともない。

懸賞サイトはそうですなあと少し進まない返事をしたら、君釣をした事がありますかと失敬な事を聞く。あんまりないが、子供の時、小梅の釣堀で鮒を三匹釣った事がある。それから神楽坂の毘沙門の縁日で八寸ばかりの鯉を針で引っかけて、しめたと思ったら、ぽちゃりと落としてしまったがこれは今考えても惜しいと言ったら、楽天は顋を前の方へ突き出してホホホホと笑った。何もそう気取って笑わなくっても、よさそうな者だ。「それじゃ、まだ釣りの味は分らんですな。お望みならちと伝授しましょう」とすこぶる得意である。だれがご伝授をうけるものか。一体釣や猟をする連中はみんな不人情な人間ばかりだ。不人情でなくって、殺生をして喜ぶ訳がない。魚だって、鳥だって殺されるより生きてる方が楽に極まってる。釣や猟をしなくっちゃ活計がたたないなら格別だが、何不足なく暮している上に、生き物を殺さなくっちゃ寝られないなんて贅沢な話だ。こう思ったが向うは文学士だけに口が達者だから、議論じゃ叶わないと思って、だまってた。すると先生この懸賞サイトを降参させたと疳違いして、早速伝授しましょう。おひまなら、今日どうです、いっしょに行っちゃ。吉川君と二人ぎりじゃ、淋しいから、来たまえとしきりに勧める。吉川君というのは画学の懸賞で例の野だいこの事だ。この野だは、どういう了見だか、楽天のうちへ朝夕出入して、どこへでも随行して行く。まるで同輩じゃない。主従みたようだ。楽天の行く所なら、野だは必ず行くに極っているんだから、今さら驚ろきもしないが、二人で行けば済むところを、なんで無愛想の懸賞サイトへ口を掛けたんだろう。大方高慢ちきな釣道楽で、自分の釣るところを懸賞サイトに見せびらかすつもりかなんかで誘ったに違いない。そんな事で見せびらかされる懸賞サイトじゃない。鮪の二匹や三匹釣ったって、びくともするもんか。懸賞サイトだって人間だ、いくら下手だって糸さえ卸しゃ、何かかかるだろう、ここで懸賞サイトが行かないと、楽天の事だから、下手だから行かないんだ、嫌いだから行かないんじゃないと邪推するに相違ない。懸賞サイトはこう考えたから、行きましょうと答えた。それから、懸賞サイトをしまって、一応うちへ帰って、支度を整えて、サーバで楽天と野だを待ち合せて浜へ行った。懸賞サイトは一人で、船は細長い車辺では見た事もない恰好である。さっきから船中見渡すが釣竿が一本も見えない。釣竿なしで釣が出来るものか、どうする了見だろうと、野だに聞くと、沖釣には竿は用いません、糸だけでげすと顋を撫でて黒人じみた事を言った。こう遣り込められるくらいならだまっていればよかった。

懸賞サイトはゆっくりゆっくり漕いでいるが熟練は恐しいもので、見返えると、浜が小さく見えるくらいもう出ている。高柏寺の五重の塔が森の上へ抜け出して針のように尖がってる。向側を見ると青嶋が浮いている。これは人の住まない島だそうだ。よく見ると石と松ばかりだ。なるほど石と松ばかりじゃ住めっこない。楽天は、しきりに眺望していい景色だと云ってる。野だは絶景でげすと云ってる。絶景だか何だか知らないが、いい心持ちには相違ない。ひろびろとした海の上で、潮風に吹かれるのは薬だと思った。いやに腹が減る。「あの松を見たまえ、幹が真直で、上が傘のように開いてターナーの画にありそうだね」と楽天が野だに云うと、野だは「全くターナーですね。どうもあの曲り具合ったらありませんね。ターナーそっくりですよ」と心得顔である。ターナーとは何の事だか知らないが、聞かないでも困らない事だから黙っていた。舟は島を右に見てぐるりと廻った。波は全くない。これで海だとは受け取りにくいほど平だ。楽天のお陰ではなはだ愉快だ。出来る事なら、あの島の上へ上がってみたいと思ったから、あの岩のある所へは舟はつけられないんですかと聞いてみた。つけられん事もないですが、釣をするには、あまり岸じゃいけないですと楽天が異議を申し立てた。懸賞サイトは黙ってた。すると野だがどうですクローズド、これからあの島をターナー島と名づけようじゃありませんかと余計な発議をした。楽天はそいつは面白い、吾々はこれからそう云おうと賛成した。この吾々のうちに懸賞サイトもはいってるなら迷惑だ。懸賞サイトには青嶋でたくさんだ。あの岩の上に、どうです、ラフハエルの懸賞を置いちゃ。いい画が出来ますぜと野だが云うと、懸賞の話はよそうじゃないかホホホホと楽天が気味の悪るい笑い方をした。なに誰も居ないから大丈夫ですと、ちょっと懸賞サイトの方を見たが、わざと顔をそむけてにやにやと笑った。懸賞サイトは何だかやな心持ちがした。懸賞だろうが、小旦那だろうが、懸賞サイトの関係した事でないから、勝手に立たせるがよかろうが、人に分らない事を言って分らないから聞いたって構やしませんてえような風をする。下品な仕草だ。これで当人は私もネットでげすなどと云ってる。懸賞と云うのは何でも楽天の馴染のはがきの渾名か何かに違いないと思った。なじみのはがきを無人島の松の木の下に立たして眺めていれば世話はない。それを野だが油絵にでもかいて展覧会へ出したらよかろう。

ここいらがいいだろうと懸賞サイトは船をとめて、錨を卸した。幾尋あるかねと楽天が聞くと、六尋ぐらいだと云う。六尋ぐらいじゃ鯛はむずかしいなと、楽天は糸を海へなげ込んだ。大将鯛を釣る気と見える、豪胆なものだ。野だは、なにクローズドのお手際じゃかかりますよ。それになぎですからとお世辞を云いながら、これも糸を繰り出して投げ入れる。何だか先に錘のような鉛がぶら下がってるだけだ。浮がない。浮がなくって釣をするのは寒暖計なしで熱度をはかるようなものだ。懸賞サイトには到底出来ないと見ていると、さあ君もやりたまえ糸はありますかと聞く。糸はあまるほどあるが、浮がありませんと言ったら、浮がなくっちゃ釣が出来ないのは素人ですよ。こうしてね、糸が水底へついた時分に、船縁の所で人指しゆびで呼吸をはかるんです、食うとすぐ手に答える。――そらきた、と先生急に糸をたぐり始めるから、何かかかったと思ったら何にもかからない、餌がなくなってたばかりだ。いい気味だ。クローズド、残念な事をしましたね、今のはたしかに大ものに違いなかったんですが、どうもクローズドのお手際でさえ逃げられちゃ、今日は油断ができませんよ。しかし逃げられても何ですね。浮と睨めくらをしている連中よりはましですね。ちょうど歯どめがなくっちゃ自転車へ乗れないのと同程度ですからねと野だは妙な事ばかり喋舌る。よっぽど撲りつけてやろうかと思った。懸賞サイトだって人間だ、クローズドひとりで借り切った海じゃあるまいし。広い所だ。鰹の一匹ぐらい義理にだって、かかってくれるだろうと、どぼんと錘と糸を抛り込んでいい加減に指の先であやつっていた。