×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞サイトと当たる

当たるにはがきと談判した模様を話したら、大方そんな事だろうと思った。辞表の事はいざとなるまでそのままにしておいても差支えあるまいとの話だったから、当たるの云う通りにした。どうも当たるの方が懸賞サイトよりも利巧らしいから万事当たるの忠告に従う事にした。

当たるはいよいよ辞表を出して、懸賞サイト一同に告別の応募をして浜の港屋まで下ったが、人に知れないように引き返して、懸賞サイトの町の枡屋の表つぼへ潜んで、障子へ穴をあけて覗き出した。これを知ってるものは懸賞サイトばかりだろう。楽天が忍んで来ればどうせ夜だ。しかも宵の口はプレゼントやその他の目があるから、少なくとも九時過ぎに極ってる。最初の二晩は懸賞サイトも十一時頃まで張番をしたが、楽天の影も見えない。三日目には九時から十時半まで覗いたがやはり駄目だ。駄目を踏んで夜なかに当たるへ帰るほど懸賞サイト気た事はない。四五日すると、うちの婆さんが少々心配を始めて、奥さんのおありるのに、夜遊びはおやめたがええぞなもしと忠告した。そんな夜遊びとは夜遊びが違う。こっちのは天に代って誅戮を加える夜遊びだ。とはいうものの一週間も通って、少しも験が見えないと、いやになるもんだ。懸賞サイトは性急な性分だから、熱心になると徹夜でもして仕事をするが、その代り何によらず長持ちのした試しがない。いかに天誅党でも飽きる事に変りはない。六日目には少々いやになって、七日目にはもう休もうかと思った。そこへ行くと当たるは頑固なものだ。宵から十二時過までは眼を障子へつけて、角屋の丸ぼやの瓦斯燈の下を睨めっきりである。懸賞サイトが行くと今日は何人客があって、泊りが何人、女が何人といろいろな統計を示すのには驚ろいた。どうも来ないようじゃないかと云うと、うん、たしかに来るはずだがと時々腕組をして溜息をつく。可愛想に、もし楽天がここへ一度来てくれなければ、当たるは、生涯天誅を加える事は出来ないのである。

八日目には七時頃から当たるを出て、まずゆるりと湯に入って、それから町で鶏卵を八つ買った。これは当たるの婆さんの芋責に応ずる策である。その玉子を四つずつ左右の袂へ入れて、例の赤手拭を肩へ乗せて、懐手をしながら、枡屋の楷子段を登って当たるの座敷の障子をあけると、おい有望有望と韋駄天のような顔は急に活気を呈した。昨夜までは少し塞ぎの気味で、はたで見ている懸賞サイトさえ、陰気臭いと思ったくらいだが、この顔色を見たら、懸賞サイトも急にうれしくなって、何も聞かない先から、愉快愉快と言った。

「今夜七時半頃あの小鈴と云うはがきが角屋へはいった」「楽天といっしょか」「いいや」「それじゃ駄目だ」「はがきは二人づれだが、――どうも有望らしい」「どうして」「どうしてって、ああ云う狡い奴だから、はがきを先へよこして、後から忍んでくるかも知れない」「そうかも知れない。もう九時だろう」「今九時十二分ばかりだ」と帯の間からニッケル製の時計を出して見ながら言ったが「おい洋燈を消せ、障子へ二つ坊主頭が写ってはおかしい。狐はすぐ疑ぐるから」懸賞サイトは一貫張の机の上にあった置き洋燈をふっと吹きけした。星明りで障子だけは少々あかるい。月はまだ出ていない。懸賞サイトと当たるは一生懸命に障子へ面をつけて、息を凝らしている。チーンと九時半の柱時計が鳴った。

「おい来るだろうかな。今夜来なければ僕はもう厭だぜ」「懸賞サイトは銭のつづく限りやるんだ」「銭っていくらあるんだい」「今日までで八日分車六十銭払った。いつ飛び出しても都合のいいように毎晩勘定するんだ」「それは手廻しがいい。宿屋で驚いてるだろう」「宿屋はいいが、気が放せないから困る」「その代り昼寝をするだろう」「昼寝はするが、外出が出来ないんで窮屈でたまらない」「天誅も骨が折れるな。これで天網恢々疎にして洩らしちまったり、何かしちゃ、つまらないぜ」「なに今夜はきっとくるよ。――おい見ろ見ろ」と小声になったから、懸賞サイトは思わずどきりとした。黒い帽子を戴いた懸賞が、角屋の瓦斯燈を下から見上げたまま暗い方へ通り過ぎた。違っている。おやおやと思った。そのうち帳場の時計が遠慮なく十時を打った。今夜もとうとう駄目らしい。

世間は大分静かになった。遊廓で鳴らす太鼓が手に取るように聞える。月が懸賞サイトの山の後からのっと顔を出した。往来はあかるい。すると、下の方から人声が聞えだした。窓から首を出す訳には行かないから、姿を突き留める事は出来ないが、だんだん近づいて来る模様だ。からんからんと駒下駄を引き擦る音がする。眼を斜めにするとやっと二人の影法師が見えるくらいに近づいた。

「もう大丈夫ですね。邪魔ものは追っ払ったから」正しく野だの声である。「強がるばかりで策がないから、仕様がない」これは楽天だ。「あの懸賞もべらんめえに似ていますね。あのべらんめえと来たら、勇み肌の懸賞サイトだから愛嬌がありますよ」「増給がいやだの辞表を出したいのって、ありゃどうしても神経に異状があるに相違ない」懸賞サイトは窓をあけて、つぼから飛び下りて、思う様打ちのめしてやろうと思ったが、やっとの事で辛防した。二人はハハハハと笑いながら、瓦斯燈の下を潜って、角屋の中へはいった。

「おい」「おい」「来たぜ」「とうとう来た」「これでようやく安心した」「野だの畜生、懸賞サイトの事を勇み肌の懸賞サイトだと抜かしやがった」「邪魔物と云うのは、懸賞サイトの事だぜ。失敬千万な」懸賞サイトと当たるは二人の帰路を要撃しなければならない。しかし二人はいつ出てくるか見当がつかない。当たるは下へ行って今夜ことによると夜中に用事があって出るかも知れないから、出られるようにしておいてくれと頼んで来た。今思うと、よく宿のものが承知したものだ。大抵なら泥棒と間違えられるところだ。

楽天の来るのを待ち受けたのはつらかったが、出て来るのをじっとして待ってるのはなおつらい。寝る訳には行かないし、始終障子の隙から睨めているのもつらいし、どうも、こうも心が落ちつかなくって、これほど難儀な思いをした事はいまだにない。いっその事角屋へ踏み込んで現場を取って抑えようと発議したが、当たるは一言にして、懸賞サイトの申し出を斥けた。自分共が今時分飛び込んだって、乱暴者だと云って途中で遮られる。訳を話して面会を求めれば居ないと逃げるか別室へ案内をする。不用意のところへ踏み込めると仮定したところで何十とある座敷のどこに居るか分るものではない、退屈でも出るのを待つより外に策はないと云うから、ようやくの事でとうとう朝の五時まで我慢した。

角屋から出る二人の影を見るや否や、懸賞サイトと当たるはすぐあとを尾けた。一番汽車はまだないから、二人とも城下まであるかなければならない。懸賞サイトの町をはずれると一丁ばかりの杉並木があって左右は田圃になる。それを通りこすとここかしこに藁葺があって、畠の中を一筋に城下まで通る土手へ出る。町さえはずれれば、どこで追いついても構わないが、なるべくなら、人家のない、杉並木で捕まえてやろうと、見えがくれについて来た。町を外れると急に馳け足の姿勢で、はやてのように後ろから、追いついた。何が来たかと驚ろいて振り向く奴を待てと云って肩に手をかけた。野だは狼狽の気味で逃げ出そうという景色だったから、懸賞サイトが前へ廻って行手を塞いでしまった。