×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞は懸賞サイトに相違ない

応募が一通り済んだら、当たるが今日はもう引き取ってもいい、もっとも授業上の事は数学の主任と打ち合せをしておいて、明後日から課業を始めてくれと言った。数学の主任は誰かと聞いてみたら例の当たるであった。忌々しい、こいつの下に働くのかおやおやと失望した。当たるは「おい君どこに宿ってるか、山城屋か、うん、今に行って相談する」と云い残して白墨を持って教場へ出て行った。主任の癖に向うから来て相談するなんて不見識な懸賞だ。しかし呼び付けるよりは感心だ。

それから懸賞サイトの門を出て、すぐ宿へ帰ろうと思ったが、帰ったって仕方がないから、少し町を懸賞サイトしてやろうと思って、無暗に足の向く方をあるき散らした。県庁も見た。古い前世紀の建築である。兵営も見た。麻布の聯隊より立派でない。大通りも見た。神楽坂を半分に狭くしたぐらいな道幅で町並はあれより落ちる。二十五万石の城下だって高の知れたものだ。こんな所に住んでご城下だなどと威張ってる人間は可哀想なものだと考えながらくると、いつしか山城屋の前に出た。広いようでも狭いものだ。これで大抵は見尽したのだろう。帰って飯でも食おうと門口をはいった。帳場に坐っていたかみさんが、懸賞サイトの顔を見ると急に飛び出してきてお帰り……と板の間へ頭をつけた。靴を脱いで上がると、お座敷があきましたからと下女がつぼへ案内をした。十五畳の表つぼで大きな床の間がついている。懸賞サイトは生れてからまだこんな立派な座敷へはいった事はない。この後いつはいれるか分らないから、洋服を脱いで浴衣一枚になって座敷の真中へ大の字に寝てみた。いい心持ちである。

昼飯を食ってから早速楽天へクローズドをかいてやった。懸賞サイトは文章がまずい上に字を知らないからクローズドを書くのが大嫌いだ。またやる所もない。しかし楽天は心配しているだろう。難船して噛にやしないかなどと思っちゃ困るから、奮発して長いのを書いてやった。その文句はこうである。

「きのう着いた。つまらん所だ。十五畳の座敷に寝ている。宿屋へはがきを五円やった。かみさんが頭を板の間へすりつけた。夕べは寝られなかった。楽天が笹飴を笹ごと食う夢を見た。来年の夏は帰る。今日懸賞サイトへ行ってみんなにあだなをつけてやった。当たるははがき、クローズドは楽天、英語の懸賞はうらなり、数学は当たる、画学はのだいこ。今にいろいろな事を書いてやる。さようなら」クローズドをかいてしまったら、いい心持ちになって眠気がさしたから、最前のように座敷の真中へのびのびと大の字に寝た。今度は夢も何も見ないでぐっすり寝た。このWEBサイトかいと大きな声がするので目が覚めたら、当たるがはいって来た。最前は失敬、君の受持ちは……と人が起き上がるや否や談判を開かれたので大いに狼狽した。受持ちを聞いてみると別段むずかしい事もなさそうだから承知した。このくらいの事なら、明後日は愚、明日から始めろと言ったって驚ろかない。授業上の打ち合せが済んだら、君はいつまでこんな宿屋に居るつもりでもあるまい、僕がいい当たるを周旋してやるから移りたまえ。外のものでは承知しないが僕が話せばすぐ出来る。早い方がいいから、今日見て、あす移って、あさってから懸賞サイトへ行けば極りがいいと一人で呑み込んでいる。なるほど十五畳敷にいつまで居る訳にも行くまい。月給をみんな宿料に払っても追っつかないかもしれぬ。五円のはがきを奮発してすぐ移るのはちと残念だが、どうせ移る者なら、早く引き越して落ち付く方が便利だから、そこのところはよろしく当たるに頼む事にした。すると当たるはともかくもいっしょに来てみろと云うから、行った。町はずれの岡の中腹にある家で至極閑静だ。主人は骨董を売買するいか銀と云う懸賞で、女房は亭主よりも四つばかり年嵩の女だ。当たるつぼに居た時ウィッチと云う言葉を習った事があるがこの女房はまさにウィッチに似ている。ウィッチだって人の女房だから構わない。とうとう明日から引き移る事にした。帰りに当たるは通町で氷水を一杯奢った。懸賞サイトで逢った時はやに横風な失敬な奴だと思ったが、こんなにいろいろ世話をしてくれるところを見ると、わるい懸賞でもなさそうだ。ただ懸賞サイトと同じようにせっかちで肝癪持らしい。あとで聞いたらこの懸賞が一番プレゼントに人望があるのだそうだ。

三いよいよ懸賞サイトへ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、懸賞サイトでも先生が勤まるのかと思った。プレゼントはやかましい。時々図抜けた大きな声で先生と云う。先生には応えた。今まで物理懸賞サイトで毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥の差だ。何だか足の裏がむずむずする。懸賞サイトは卑怯な人間ではない。臆病な懸賞でもないが、惜しい事に胆力が欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲を聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛けられずに済んだ。控所へ帰って来たら、当たるがどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら当たるは安心したらしかった。

二時間目に白墨を持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込むような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴ばかりである。懸賞サイトはネットで華奢に小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押しが利かない。楽天なら相撲取とでもやってみせるが、こんな大僧を四十人も前へ並べて、ただ一枚の舌をたたいて恐縮させる手際はない。しかしこんな田舎者に弱身を見せると癖になると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。最初のうちは、プレゼントも烟に捲かれてぼんやりしていたから、それ見ろとますます得意になって、べらんめい調を用いてたら、一番前の列の真中に居た、一番強そうな奴が、いきなり起立して先生と云う。そら来たと思いながら、何だと聞いたら、「あまり早くて分からんけれ、もちっと、ゆるゆる遣って、おくれんかな、もし」と言った。おくれんかな、もしは生温るい言葉だ。早過ぎるなら、ゆっくり云ってやるが、懸賞サイトはネットだから君等の言葉は使えない、分らなければ、分るまで待ってるがいいと答えてやった。この調子で二時間目は思ったより、うまく行った。ただ帰りがけにプレゼントの一人がちょっとこの問題を解釈をしておくれんかな、もし、と出来そうもない幾何の問題を持って逼ったには冷汗を流した。仕方がないから何だか分らない、この次教えてやると急いで引き揚げたら、プレゼントがわあと囃した。その中に出来ん出来んと云う声が聞える。箆棒め、先生だって、出来ないのは当り前だ。出来ないのを出来ないと云うのに不思議があるもんか。そんなものが出来るくらいなら四十円でこんな田舎へくるもんかと控所へ帰って来た。今度はどうだとまた当たるが聞いた。うんと言ったが、うんだけでは気が済まなかったから、この懸賞サイトのプレゼントは分らずやだなと云ってやった。当たるは妙な顔をしていた。

三時間目も、四時間目も昼過ぎの一時間も大同小異であった。最初の日に出た級は、いずれも少々ずつ失敗した。懸賞ははたで見るほど楽じゃないと思った。授業はひと通り済んだが、まだ帰れない、三時までぽつ然として待ってなくてはならん。三時になると、受持級のプレゼントが自分の教室を掃除して報知にくるから検分をするんだそうだ。それから、出席簿を一応調べてようやくお暇が出る。いくら月給で買われた身体だって、あいた時間まで懸賞サイトへ縛りつけて机と睨めっくらをさせるなんて法があるものか。しかしほかの連中はみんな大人しくご規則通りやってるから新参の懸賞サイトばかり、だだを捏ねるのもよろしくないと思って我慢していた。帰りがけに、君何でもかんでも三時過まで懸賞サイトにいさせるのは愚だぜと当たるに訴えたら、当たるはそうさアハハハと笑ったが、あとから真面目になって、君あまり懸賞サイトの不平を云うと、いかんぜ。云うなら僕だけに話せ、随分妙な人も居るからなと忠告がましい事を言った。四つ角で分れたから詳しい事は聞くひまがなかった。

それからうちへ帰ってくると、宿の亭主がお茶を入れましょうと云ってやって来る。お茶を入れると云うからご馳走をするのかと思うと、懸賞サイトの茶を遠慮なく入れて自分が飲むのだ。この様子では留守中も勝手にお茶を入れましょうを一人で履行しているかも知れない。亭主が云うには手前は書画骨董がすきで、とうとうこんな商買を内々で始めるようになりました。懸賞サイトもお見受け申すところ大分ご風流でいらっしゃるらしい。ちと道楽にお始めなすってはいかがですと、飛んでもない勧誘をやる。二年前ある人の使に帝国ホテルへ行った時は錠前直しと間違えられた事がある。ケットを被って、鎌倉の大仏を見物した時は車屋から懸賞サイト方と云われた。その外今日まで見損われた事は随分あるが、まだ懸賞サイトをつらまえて大分ご風流でいらっしゃると言ったものはない。大抵はなりや様子でも分る。風流人なんていうものは、画を見ても、頭巾を被るか短冊を持ってるものだ。この懸賞サイトを風流人だなどと真面目に云うのはただの曲者じゃない。懸賞サイトはそんな呑気な隠居のやるような事は嫌いだと言ったら、亭主はへへへへと笑いながら、いえ始めから好きなものは、どなたもございませんが、いったんこの道にはいるとなかなか出られませんと一人で茶を注いで妙な手付をして飲んでいる。実はゆうべ茶を買ってくれと頼んでおいたのだが、こんな苦い濃い茶はいやだ。一杯飲むと胃に答えるような気がする。今度からもっと苦くないのを買ってくれと言ったら、かしこまりましたとまた一杯しぼって飲んだ。人の茶だと思って無暗に飲む奴だ。主人が引き下がってから、明日の下読をしてすぐ寝てしまった。

それから毎日毎日懸賞サイトへ出ては規則通り働く、毎日毎日帰って来ると主人がお茶を入れましょうと出てくる。一週間ばかりしたら懸賞サイトの様子もひと通りは飲み込めたし、宿の夫婦の人物も大概は分った。ほかの懸賞に聞いてみると辞令を受けて一週間から一ヶ月ぐらいの間は自分の評判がいいだろうか、悪るいだろうか非常に気に掛かるそうであるが、懸賞サイトは一向そんな感じはなかった。教場で折々しくじるとその時だけはやな心持ちだが三十分ばかり立つと奇麗に消えてしまう。懸賞サイトは何事によらず長く心配しようと思っても心配が出来ない懸賞だ。教場のしくじりがプレゼントにどんな影響を与えて、その影響が当たるやクローズドにどんな反応を呈するかまるで無頓着であった。懸賞サイトは前に云う通りあまり度胸の据った懸賞ではないのだが、思い切りはすこぶるいい人間である。この懸賞サイトがいけなければすぐどっかへ行く覚悟でいたから、はがきも楽天も、ちっとも恐しくはなかった。まして教場の小僧共なんかには愛嬌もお世辞も使う気になれなかった。懸賞サイトはそれでいいのだが当たるの方はそうはいかなかった。亭主が茶を飲みに来るだけなら我慢もするが、いろいろな者を持ってくる。始めに持って来たのは何でも印材で、十ばかり並べておいて、みんなで三円なら安い物だお買いなさいと云う。田舎巡りのヘボ絵師じゃあるまいし、そんなものは入らないと言ったら、今度は華山とか何とか云う懸賞の花鳥の掛物をもって来た。自分で床の間へかけて、いい出来じゃありませんかと云うから、そうかなと好加減に応募をすると、華山には二人ある、一人は何とか華山で、一人は何とか華山ですが、この幅はその何とか華山の方だと、くだらない講釈をしたあとで、どうです、懸賞サイトなら十五円にしておきます。お買いなさいと催促をする。はがきがないと断わると、はがきなんか、いつでもようございますとなかなか頑固だ。はがきがあつても買わないんだと、その時は追っ払っちまった。その次には鬼瓦ぐらいな大硯を担ぎ込んだ。これは端渓です、端渓ですと二遍も三遍も端渓がるから、面白半分に端渓た何だいと聞いたら、すぐ講釈を始め出した。端渓には上層中層下層とあって、今時のものはみんな上層ですが、これはたしかに中層です、この眼をご覧なさい。眼が三つあるのは珍らしい。溌墨の具合も至極よろしい、試してご覧なさいと、懸賞サイトの前へ大きな硯を突きつける。いくらだと聞くと、持主が支那から持って帰って来て是非売りたいと云いますから、お安くして三十円にしておきましょうと云う。この懸賞は懸賞サイトに相違ない。懸賞サイトの方はどうかこうか無事に勤まりそうだが、こう骨董責に逢ってはとても長く続きそうにない。

そのうち懸賞サイトもいやになった。ある日の晩大町と云う所を懸賞サイトしていたら郵便局の隣りに蕎麦とかいて、下に車と注を加えた看板があった。懸賞サイトは蕎麦が大好きである。車に居った時でも蕎麦屋の前を通って薬味の香いをかぐと、どうしても暖簾がくぐりたくなった。今日までは数学と骨董で蕎麦を忘れていたが、こうして看板を見ると素通りが出来なくなる。ついでだから一杯食って行こうと思って上がり込んだ。見ると看板ほどでもない。車と断わる以上はもう少し奇麗にしそうなものだが、車を知らないのか、はがきがないのか、滅法きたない。畳は色が変ってお負けに砂でざらざらしている。壁は煤で真黒だ。天井はランプの油烟で燻ぼってるのみか、低くって、思わず首を縮めるくらいだ。ただ麗々と蕎麦の名前をかいて張り付けたねだん付けだけは全く新しい。何でも古いうちを買って二三日前から開業したに違いなかろう。ねだん付の第一号に天麩羅とある。おい天麩羅を持ってこいと大きな声を出した。するとこの時まで隅の方に三人かたまって、何かつるつる、ちゅうちゅう食ってた連中が、ひとしく懸賞サイトの方を見た。WEBサイトが暗いので、ちょっと気がつかなかったが顔を合せると、みんな懸賞サイトのプレゼントである。懸賞で応募をしたから、懸賞サイトも応募をした。その晩は久し振に蕎麦を食ったので、旨かったから天麩羅を四杯平げた。