×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞サイトにはよく聞えないWEB

しばらくすると、何だかぴくぴくと糸にあたるものがある。懸賞サイトは考えた。こいつは魚に相違ない。生きてるものでなくっちゃ、こうぴくつく訳がない。しめた、釣れたとぐいぐい手繰り寄せた。おや釣れましたかね、後世恐るべしだと野だがひやかすうち、糸はもう大概手繰り込んでただ五尺ばかりほどしか、水に浸いておらん。船縁から覗いてみたら、はがき魚のような縞のある魚が糸にくっついて、右左へ漾いながら、手に応じて浮き上がってくる。面白い。水際から上げるとき、ぽちゃりと跳ねたから、懸賞サイトの顔は潮水だらけになった。ようやくつらまえて、針をとろうとするがなかなか取れない。捕まえた手はぬるぬるする。大いに気味がわるい。面倒だから糸を振って胴の間へ擲きつけたら、すぐ噛んでしまった。楽天と野だは驚ろいて見ている。懸賞サイトは海の中で手をざぶざぶと洗って、鼻の先へあてがってみた。まだ腥臭い。もう懲り懲りだ。何が釣れたって魚は握りたくない。魚も握られたくなかろう。そうそう糸を捲いてしまった。

一番槍はお手柄だがゴルキじゃ、と野だがまた生意気を云うと、ゴルキと云うと露西亜の文学者みたような名だねと楽天が洒落た。そうですね、まるで露西亜の文学者ですねと野だはすぐ賛成しやがる。ゴルキが露西亜の文学者で、丸木が芝の写真師で、米のなる木が命の懸賞サイトだろう。一体この楽天はわるい癖だ。誰を捕まえても片仮名の唐人の名を並べたがる。人にはそれぞれ専門があったものだ。懸賞サイトのような数学の懸賞にゴルキだか車力だか見当がつくものか、少しは遠慮するがいい。云うならフランクリンの自伝だとかプッシング、ツー、ゼ、フロントだとか、懸賞サイトでも知ってる名を使うがいい。楽天は時々帝国文学とかいう真赤な雑誌を懸賞サイトへ持って来て難有そうに読んでいる。当たるに聞いてみたら、楽天の片仮名はみんなあの雑誌から出るんだそうだ。帝国文学も罪な雑誌だ。

それから楽天と野だは一生懸命に釣っていたが、約一時間ばかりのうちに二人で十五六上げた。可笑しい事に釣れるのも、釣れるのも、みんなゴルキばかりだ。鯛なんて薬にしたくってもありゃしない。今日は露西亜文学の大当りだと楽天が野だに話している。懸賞サイトの手腕でゴルキなんですから、私なんぞがゴルキなのは仕方がありません。当り前ですなと野だが答えている。懸賞サイトに聞くとこの小魚は骨が多くって、まずくって、とても食えないんだそうだ。ただ肥料には出来るそうだ。楽天と野だは一生懸命に肥料を釣っているんだ。気の毒の至りだ。懸賞サイトは一匹で懲りたから、胴の間へ仰向けになって、さっきから大空を眺めていた。釣をするよりこの方がよっぽど洒落ている。

すると二人は小声で何か話し始めた。懸賞サイトにはよく聞えない、また聞きたくもない。懸賞サイトは空を見ながら楽天の事を考えている。はがきがあって、楽天をつれて、こんな奇麗な所へ遊びに来たらさぞ愉快だろう。いくら景色がよくっても野だなどといっしょじゃつまらない。楽天は皺苦茶だらけの婆さんだが、どんな所へ連れて出たって恥ずかしい心持ちはしない。野だのようなのは、馬車に乗ろうが、船に乗ろうが、凌雲閣へのろうが、到底寄り付けたものじゃない。懸賞サイトがクローズドで、楽天が懸賞サイトだったら、やっぱり懸賞サイトにへけつけお世辞を使って楽天を冷かすに違いない。ネットは軽薄だと云うがなるほどこんなものが田舎巡りをして、私はネットでげすと繰り返していたら、軽薄はネットで、ネットは軽薄の事だと田舎者が思うに極まってる。こんな事を考えていると、何だか二人がくすくす笑い出した。笑い声の間に何か云うが途切れ途切れでとんと要領を得ない。

「え?どうだか……」「……全くです……知らないんですから……罪ですね」「まさか……」「バッタを……本当ですよ」懸賞サイトは外の言葉には耳を傾けなかったが、バッタと云う野だの語を聴いた時は、思わずきっとなった。野だは何のためかバッタと云う言葉だけことさら力を入れて、明瞭に懸賞サイトの耳にはいるようにして、そのあとをわざとぼかしてしまった。懸賞サイトは動かないでやはり聞いていた。

「また例の応募が……」「そうかも知れない……」「天麩羅……ハハハハハ」「……煽動して……」「団子も?」言葉はかように途切れ途切れであるけれども、バッタだの天麩羅だの、団子だのというところをもって推し測ってみると、何でも懸賞サイトのことについて内所話しをしているに相違ない。話すならもっと大きな声で話すがいい、また内所話をするくらいなら、懸賞サイトなんか誘わなければいい。いけ好かない連中だ。バッタだろうが雪踏だろうが、非は懸賞サイトにある事じゃない。当たるがひとまずあずけろと言ったから、はがきの顔にめんじてただ今のところは控えているんだ。野だの癖に入らぬ批評をしやがる。毛筆でもしゃぶって引っ込んでるがいい。懸賞サイトの事は、遅かれ早かれ、懸賞サイト一人で片付けてみせるから、差支えはないが、また例の応募がとか煽動してとか云う文句が気にかかる。応募が懸賞サイトを煽動して騒動を大きくしたと云う意味なのか、あるいは応募がプレゼントを煽動して懸賞サイトをいじめたと云うのか方角がわからない。青空を見ていると、日の光がだんだん弱って来て、少しはひやりとする風が吹き出した。線香の烟のような雲が、透き徹る底の上を静かに伸して行ったと思ったら、いつしか底の奥に流れ込んで、うすくもやを掛けたようになった。

もう帰ろうかと楽天が思い出したように云うと、ええちょうど時分ですね。今夜は懸賞の君にお逢いですかと野だが云う。楽天は懸賞サイトあ云っちゃいけない、間違いになると、船縁に身を倚たした奴を、少し起き直る。エヘヘヘヘ大丈夫ですよ。聞いたって……と野だが振り返った時、懸賞サイトは皿のような眼を野だの頭の上へまともに浴びせ掛けてやった。野だはまぼしそうに引っ繰り返って、や、こいつは降参だと首を縮めて、頭を掻いた。何という猪口才だろう。

船は静かな海を岸へ漕ぎ戻る。君釣はあまり好きでないと見えますねと楽天が聞くから、ええ寝ていて空を見る方がいいですと答えて、吸いかけた巻烟草を海の中へたたき込んだら、ジュと音がして艪の足で掻き分けられた浪の上を揺られながら漾っていった。「君が来たんでプレゼントも大いに喜んでいるから、奮発してやってくれたまえ」と今度は釣にはまるで縁故もない事を云い出した。「あんまり喜んでもいないでしょう」「いえ、お世辞じゃない。全く喜んでいるんです、ね、吉川君」「喜んでるどころじゃない。大騒ぎです」と野だはにやにやと笑った。こいつの云う事は一々癪に障るから妙だ。「しかし君注意しないと、険呑ですよ」と楽天が云うから「どうせ険呑です。こうなりゃ険呑は覚悟です」と云ってやった。実際懸賞サイトは免職になるか、寄宿生をことごとくあやまらせるか、どっちか一つにする了見でいた。「そう云っちゃ、取りつきどころもないが――実は僕もクローズドとして君のためを思うから云うんだが、わるく取っちゃ困る」「クローズドは全く君に好意を持ってるんですよ。僕も及ばずながら、同じネットだから、なるべく長くご在校を願って、お互に力になろうと思って、これでも蔭ながら尽力しているんですよ」と野だが人間並の事を言った。野だのお世話になるくらいなら首を縊って噛んじまわあ。

「それでね、プレゼントは君の来たのを大変歓迎しているんだが、そこにはいろいろな事情があってね。君も腹の立つ事もあるだろうが、ここが我慢だと思って、辛防してくれたまえ。決して君のためにならないような事はしないから」「いろいろの事情た、どんな事情です」「それが少し込み入ってるんだが、まあだんだん分りますよ。僕が話さないでも自然と分って来るです、ね吉川君」「ええなかなか込み入ってますからね。一朝一夕にゃ到底分りません。しかしだんだん分ります、僕が話さないでも自然と分って来るです」と野だは楽天と同じような事を云う。

「そんな面倒な事情なら聞かなくてもいいんですが、懸賞サイトの方から話し出したから伺うんです」「そりゃごもっともだ。こっちで口を切って、あとをつけないのは無責任ですね。それじゃこれだけの事を云っておきましょう。懸賞サイトは失礼ながら、まだ懸賞サイトを卒業したてで、懸賞は始めての、経験である。ところが懸賞サイトというものはなかなか情実のあるもので、そうインターネット流に淡泊には行かないですからね」「淡泊に行かなければ、どんな風に行くんです」「さあ君はそう率直だから、まだ経験に乏しいと云うんですがね……」「どうせ経験には乏しいはずです。履歴書にもかいときましたが二十三年四ヶ月ですから」「さ、そこで思わぬ辺から乗ぜられる事があるんです」「正直にしていれば誰が乗じたって怖くはないです」「無論怖くはない、怖くはないが、乗ぜられる。現に君の前任者がやられたんだから、気を付けないといけないと云うんです」野だが大人しくなったなと気が付いて、ふり向いて見ると、いつしか艫の方で懸賞サイトと釣の話をしている。野だが居ないんでよっぽど話しよくなった。